眼精疲労(目の疲れ)にルテイン

ルテイン‐眼精疲労(目の疲れ)改善・解消サプリメントの通販

最近、目が悪くなったかなと思ったら

眼病と言うほどではなくても、最近視力が落ちてきた気がするとか、疲れ目で肩が凝り気味だというのも立派な目のトラブル。こんな些細とも言える目のトラブルから、失明に至りかねない目の病気まで、予防・改善に役立つ栄養素が 【 ルテイン 】 です。

ルテインは我々の目の中に留まり、有害な紫外線やパソコンなどの光を受けることによって発生する活性酸素を取り除くフィルターのような役割を果たしてくれる栄養素です。ルテインは強力な抗酸化作用で私たちの目を守り、眼精疲労(目の疲れ)の改善をしてくれるのです。

私たちの目に存在するカルテノイドのほとんどがルテインであり、特に視力を司る黄斑部にはこのルテインと、ルテインの異性体であるゼアキサンチンしか存在しません。これは驚くべきことです。

多くの緑黄色野菜や花などに含まれ、紫外線から発生する活性酸素を除去するなど、主に植物を守る働きをしているカルテノイド。今までに700種以上ものカルテノイドが発見されています。

その700種の中で、私たちの目に留まり、私たちの目を有害な活性酸素から守る機能を担っているのは、ルテイン(ゼアキサンチン)だけと言っても過言ではありません。

ルテインは人の体内にも元々ある成分ですが、自己生成はできないうえ、年齢と共に消耗して行ってしまいます。多くの方が目の老化を免れられないのも、このような性質では致し方ありません。

だからこそルテインは、目の疲れを感じる方、最近視力が落ちてきたという方は積極的に摂取すべき栄養素なのです。

眼病の原因は単純なものではありません

多くの眼病の原因は、一見して分かる単純なものではないようです。例えば、白内障は外傷性のものやステロイド薬によるもの、もしくは糖尿病やアトピー性皮膚炎が原因になることもありますが、これといった目立った理由がなければ老化現象の1つと数えられます。

眼精疲労(目の疲れ)やドライアイはどうでしょうか?

これも、原因は様々で、一概にパソコンなどの強い光刺激のせいだとも言えません。近視や乱視のせいで必要以上の負担が目にかかっていることも考えられますし、瞬きの量が少ないことや、部屋自体が乾燥していることもある。

つまり、眼病の原因はいくつかの要因が重なっていることもありますから、『ルテインさえ摂取すれば心配無用』とはならないこともある、ということは理解しておかなければなりません。しかしながら、ルテインは目の健康のために積極的に摂取すべき栄養素には違いないのです。

何しろ、ルテインは私たちの目を率先して守る、唯一のカルテノイドなのですから。

頼って損はないルテインサプリメント

眼病の原因は様々な要素が入り乱れて症状となっていることもあります。当然、複数の症状が重なっていることもあるでしょう。単純な視力の低下でも、老化現象か、紫外線の影響か、糖尿病など別の病が隠されているのか分からない。近視なのか、老眼なのか、それとも白内障の始まりなのか。

わかっていることは、私たちの目を守ってくれるのはルテイン(もしくはゼアキサンチン)だということ。

もちろん、その他のカルテノイドや各種ビタミンなども、目の機能を維持するには大切な栄養素です。しかし、目の専門家と言えばやはりルテインとゼアキサンチンなのです。

眼精疲労や視力の低下を感じているのなら、何はなくともまずはルテインを摂取してみてほしいところです。このルテインが私たちの目に何も好影響をもたらさないということはありません。

十分な量の上質なルテインを摂取すれば、眼精疲労など初期の目のトラブルの改善効果はほとんどの方が感じられるはずです。ここで言う上質なルテインとは、しばしば体内に存在するルテインと同じ形で、そのまますぐに吸収できるフリー体ルテインのことです。

フリー体ルテインではないものはルテインエステルと呼ばれ、吸収するには体内で脱エステル化しなければならないため非常に効率が悪いです。「精製」と明言されたサプリメントを選ぶようにしましょう。

また、辛い眼精疲労(目の疲れ)の改善・解消が目的ならば、最低でも10~20㎎は確実にルテインが摂取できるサプリメントをおすすめ致します。

眼精疲労はどんどん進行し、肩こりや頭痛というように、体の各所に影響を与えます。眼精疲労は簡単には治りません。ぜひ、ルテインのサプリメントで目をいたわってあげてください。

参考にさせていただいたサイト
  •